【デイキャンプとは?】初心者におすすめ!身軽で楽しめるデイキャンプ(日帰りキャンプ)の魅力や持ち物などを解説!

デイキャンプとは、その名の通り日帰りで楽しむキャンプのことを言います。

日帰りで行うため、テントや宿泊用の着替えなど、通常のキャンプに比べ少なくて済むので、アウトドア初心者の方などにおすすめで、キャンプの登竜門とも言えます。

ここでは、デイキャンプの楽しみ方や魅力などを解説していきます。

この記事で伝えたいこと
・デイキャンプの概要
・デイキャンプの魅力
・デイキャンプに必要な持ち物

 

デイキャンプって何を楽しむの?

簡単に言えば、宿泊せずに楽しむキャンプで、日帰りで行うバーベキューやピクニックなど、一般的なアウトドアを日帰りで楽しむことを言います。

宿泊ありの本格的なキャンプを初めての方が行う際は、テントの設営方法やキャンプ場でのルールやマナーなど、何かと不安なつきものです。

ですが、デイキャンプの場合はテントも設営する必要もなく、バーベキューといったキャンプ料理を気軽に楽しむことができるので、本格キャンプの予行練習の場としてもおすすめです。

 

デイキャンプの魅力は?

荷物が少ない

一番の魅力は荷物が少なくて済み、身軽でお手軽でキャンプを楽しめることだと言えるでしょう。

宿泊ありのキャンプの場合は、宿泊用のテント、日数分の食料や着替え、調理道具など、予想以上に荷物が増えるケースが多いです。

しかし、デイキャンプの場合は、服が汚れた場合の着替えやその日食べる食料、必要な分だけの調理道具だけで済むので、荷物が少なく身軽にキャンプを体験できます。

1日分の荷物だけなので、予算も少なく済むのも魅力な点です。

アクティブを満喫できる

デイキャンプはキャンプ場や川や湖のほとりなどで楽しむことができますが、その場所に応じたアクティブを楽しめます。

キャンプ場によってはボートが楽しめたり、川や湖などでは釣りを、広場がある場所ならバトミントンやキャッチボールなど、場所に応じたアクティブを体験できるのもデイキャンプならではの魅力と言えます。

 

デイキャンプで必要最低限の持ち物は?

常日頃からバーベキューや釣りなどを趣味に持つアウトドア経験者であれば、デイキャンプに必要最低限の持ち物はわかります。

ですが、アウトドア未経験の方や、デイキャンプを初めてする方にとっては持ち物に何が必要なのかは気になるところだと思います。

レジャーシート

アウトドア以外にも一般的に使われているレジャーシートはデイキャンプでも大いに役に立ちます。

スペースの確保や荷物をまとめて置いたり、座ったり横になったりなど、何かと万能で役に立ちます。

OUTAD 軽量 折りたたみ レジャーシート

画像:Amazon

優れた防水性と、軽量で折りたたみがしやすい抜群の素材を使ったレジャーシートで、アウトドアやキャンプなどに最適です。持ち運びがしやすい収納ケース付で、風飛びを予防する固定金具も装着することができるので、初心者の方にも使いやすい仕様と言えます。

 

アウトドアテーブル

折り畳み式のアウトドアテーブルは料理を食べる上で重要になります。

また、料理を食べるだけではなく、テーブルの上で料理をすることもできるため、購入する際はテーブルそのもののチェックをしておきたいです。

コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルウッドロールテーブル 90

アウトドアブランドでもお馴染みの「コールマン」が販売する折り畳み式のウッドテーブルです。ナチュラルテイストの木製デザインが高級感とアクティブ感を同時に演出し、おしゃれで品のあるデイキャンプを演出してくれます。

キャンプ料理におすすめの キャンプキッチンに関する記事はこちら 【キャンプ キッチン】コールマンやロゴスなど!キャンプキッチンの選び方・使い方・おすすめ品を紹介!

 

アウトドアチェア

キャンプ場はともかく、川や湖でデイキャンプを行う際、意外と苦労するのが座る場所の確保ですが、持ち運びしやすいアウトドアチェアを用意すれば解消することができます。

ゆったりと座れるリクライニング式や、大人数人が座れるベンチタイプなど、スタイルや必要性に応じて使いやすいタイプを選びましょう。

コールマン(Coleman) チェア リラックスフォールディングベンチ ネイビー

こちらもコールマンから発売されたベンチタイプの折り畳み式アウトドアチェアです。ベンチタイプなので複数人座ることができ、モダンでシャープなデザインなので、日常でも使いやすいです。

 

バーベキューコンロ

キャンプ場などでレンタルすることもできますが、川や湖でデイキャンプを行う際は、調理に必要なバーベキューコンロや、火の燃料となる炭や薪などを用意する必要があります。

コンロや炭はホームセンターやネット上でも販売されているので、使用人数や料理の種類に応じて、使いやすいタイプのコンロや炭を選びましょう。

コールマン コンロ クールスパイダープロ/L レッド

焼網の高さが4段階に調節可能で、好みの火力に調節できるタイプのバーベキューコンロです。引き出し式ロストルなので、炭の出し入れもしやすいので扱いやすく、また オールステンレスボディーなので耐久性にも優れ軽量です。

 

クーラーボックス・食器類

クーラーボックスは食材や飲み物の保管を、食器類は料理を美味しく食べるためなど、どちらもデイキャンプには欠かせないアイテムです。

クーラーボックスの場合は、人数や食料に応じて容量を選ぶことが大事ですが、大きいサイズの発砲スチロールで代替えできたりなど、一工夫することによって予算を削減することができます。

食器類に関しては100円ショップなどで販売されている紙皿や紙コップなどで十分ですが、最近では100円ショップでもアウトドア用にデザイン性を高めた紙皿や紙コップなどがたくさん販売されているので、好みによって選ぶこともできます。

 

 

デイキャンプ まとめ

ここまでのデイキャンプに関しての情報をまとめると

  • デイキャンプは日帰りで楽しむキャンプ(バーベキューやピクニック)
  • 本格的なキャンプの練習になる
  • 荷物が少なく済むので初心者でも気軽に楽しめる
  • アクティブを楽しめるのでファミリーにもおすすめ

これらのことが特徴であり魅力とも言えます。

デイキャンプは身軽で気軽、低予算で楽しむことができるので、本格キャンプに挑戦してみたい方や、アウトドア初心者の方などは、まずは、デイキャンプから始めてみるのもアリだと言えるでしょう。

関連記事

【冬 キャンプ 初心者】冬でもキャンプは楽しめる!冬キャンプの魅力と防寒などの対策を解説!

アウトドアを手軽に簡単に始めよう!初心者におすすめコンパクトなBBQの楽しみ方とコツを徹底解説!

冬キャンプに便利!薪ストーブの慣らし焚き・使い方・選び方・注意点を解説!

【キャンプ キッチン】コールマンやロゴスなど!キャンプキッチンの選び方・使い方・おすすめ品を紹介!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です