【ロマサガ3 リメイク版 発売日決定】発売前におさらい!ロマサガ3の特徴や魅力を解説!

スーパーファミコン時代を代表する名作中の名作【ロマンシング・サガ3】のHDリマスター版の発売日(配信日)が、先日とうとう決定しました。

発売・配信されるという事前情報は以前からもありましたが、発売・配信日は未発表であったため、さぞかしファンはやきもきしたことでしょう。

ここでは、2019年11月11日に配信予定の、【ロマンシング・サガ3 HDリマスター版】の概要や歴史、魅力などを、オリジナル版の情報や最新情報を踏まえて、解説していきたいと思います。

SFC版 ロマンシング・サガ3 楽天で探す

ロマサガ3ってどんなゲーム?

【ロマンシング・サガ3(ロマサガ3)】は、1995年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された、スーパーファミコン(SFC)専用のRPGソフトです。

スクウェアの新たなるRPGのジャンルを確立させたロマサガシリーズの第3弾作品でもあり、当時からも繊細かつ美麗に表現されたグラフィックや、バトルアニメーションなど、当時のゲームの中でも、特に高度な演出や技術が所々に現れていました。

肝となるのはフリーシナリオシステム

ロマサガ3を含む、シリーズの肝となるのは、プレイヤーの選択や行動によって分岐する「フリーシナリオシステム」であり、これまでRPGでは主流であった1本道だったシナリオを、選択肢やイベントを前後させることによってシナリオを分岐させます。

それによって、8人いる主人公それぞれのシナリオを楽しむことができ、さらにプレイヤーがゲームクリアに至るまでの過程に自由に介入することができるため、主人公を善人としても悪人としても行動させることができます。

例えば、イベント等で3択の選択肢が表れた際、選んだ選択によってAルート、Bルート、Cルートのいずれかのシナリオを選ぶことになり、選択肢の中には物語の今後の展開を大きく左右したりするのものや、入手できるアイテムが違ったりするのものなど、さまざまです。

この自由度の高さと、やり込み要素が、シリーズ最大の魅力であり、肝でもあります。

SFC後期時代の美麗グラフィック

グラフィックはドッド画で表現されているため、基本的には2Dフィールドで展開されるオーソドックスなRPGの雰囲気ですが、SFC後期の作品でもあるため、グラフィックの完成度は非常に高く、2Dでありながらも立体的にどこが表現されているため、現代のゲームユーザーにも馴染みやすいと言えます。

イメージで言えばSwitchで発売された【オクトバストラベラー】のような感じで、当時のゲームの中ではトップクラスのグラフィックと言えます。

ロマサガ3のゲームシステム

ロマサガ3のゲームシステムは最大の特徴であるフリーシナリオの他にも、いわゆる王道と呼ばれるRPGとは少し異なります。

以下ではフィールド移動やバトルシステム、ミニゲーム要素など、ロマサガならではのゲームシステムを項目別に見ていきましょう。

フィールド移動は2パターン

他のRPGとの大きな違いはフィールド移動の方法にあります。オーソドックスなRPGの場合、お城や町、洞窟や砦などのダンジョンと、その外の世界を構成するワールドマップで、キャラクターを自由に動かして行動させます。

ロマサガ3では、世界地図で表現されたワールドマップ上に、地名やお城、町、ダンジョンなどが記載されており、一度行った場所や情報が開示された場所は、目的地を選択して自動で移動を行います。

つまり一度行ったお城や町は、ドラクエのルーラのようにワープできると言うシステムです。(一部徒歩で移動する必要があり)お城や町などのダンジョンでは従来のRPGと同様にキャラクターを自由に行動させることができます。

バトルは陣形を採用

ドラクエではキャラクターの並び順、FFでは前列・後列など、バトルおいてのキャラクターの立ち位置とその効果はシンプルですが、ロマサガ3のバトルでは陣形が採用されており、パーティが戦闘の際に組む隊列の形状によって、さまざまな効果が生れます。

陣形は物語が進んだり、仲間が増えることによってラインナップも増えていき、各陣形細かい効果が設定されています。

素早さが上がる陣形や、攻撃力が上がる陣形、先制攻撃ができるものなど、さまざまあるので、戦術的な要素が強いバトルを楽しめます。

キャラクターにはそれぞれ寿命がある

これもこのシリーズ独特のシステムで、キャラクターにはそれぞれ「LP(ライフポイント)」が設定されていて、戦闘でHPが0になってしまった際に、これが1つ減少します。

LPが0になってしまうと、そのキャラクターは死亡扱いになってしまい、パーティからロストしてしまいます。

ドラクエなら生き返る呪文や教会などで生き返らせることができますが、ロマサガ3の場合はLPが0になってしまうと、キャラクターそのものが消滅してしまうので、なかなかハードで難易度の高い設定と言えます。

ミニゲームが楽しい

ロマサガ3ではシリーズ初のミニゲームがいくつか収録されています。

  • マスコンバット リアルタイム形式で行われる、軍事戦略シミュレーションで、数千人規模の軍事戦略を楽しめます。
  • 会社経営 企業買収(トレード)をシミュレーションしたミニゲームで、トレード要素の中に攻撃と防御の概念加え、わかりやすくトレードを体験できるゲームです。

ロマサガ3ゲームの流れ

ここからは、ロマサガ3のゲームの流れを解説していきます。あまり詳しく書きすぎるとネタバレになってしまうのですが、ゲームの流れとしては至ってシンプルです。

ゲームの流れとしては

  • 8人の主人公の中から好きなキャラを1名選ぶ
  • ゲーム内で情報集めて好きな順番でイベントやシナリオをこなしていく

この2点だけです。リメイク版ではおそらくプレイ解説のチュートリアルなどがあるとは思いますが(所見プレイではチュートリアルはありませんでした。11/17日)、ロマサガ3は基本的にフリーで物語を進めることができるので、プレイヤーの裁量次第で物語そのものが濃くなることもあれば薄くなることもあります。

自由度が高くゲーム内でやれることが多いゲームですが、プレイヤー任せな点も多いため、この手のRPGに慣れていない方は、最初の方は戸惑うこともあるかもしれません。

ですがプレイヤー次第で物語の行く末が決まる分、やりごたえは十分にあるので、初心者の方でもチャレンジする価値は十分にあると言えます(昔に比べて攻略サイトも充実しているためある程度は問題を解決できるでしょう)。

ロマンシング・サガ3 HDリマスター版の基本情報

それでは最後に、ロマサガ3の基本的な情報をまとめておきますので、発売日や対応ハードなどの確認に役立ててください。

基本情報

  • 配信予定日 2019年11月11日
  • 対応ハード PS4・PS Vita・Nintendo Switch・XboxOne・Windows10・STEAM・android・IOS ダウンロード版のみ販売
  • 販売価格 3,500円(税込)
  • プレイ人数 1人

リマスター版追加要素

  • 強くてニューゲーム やり込み要素の高い今作をさらにやり込むことができる周回システムの「強くてニューゲーム」が追加されました。
  • 新ダンジョンと追加エピソード 主人公の過去にスポットを当てた新エピソードや、新ダンジョン「暗闇の迷宮」が追加されました。

関連記事

【switch 11月】Switch 11月発売の注目タイトルのおすすめポイントを解説!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です