【FF14】新規ユーザーに朗報?パッチ5.3でフリートライアルが拡張!Let’Tryニュース#02

先日7/22に【ファイナルファンタジー14】パッチ5.3の内容が、「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」にて明らかにされた。

シナリオの追加、ジョブ調整の他に、新規ユーザーには朗報とも言える拡張実施も明らかにされ、まさに新規ユーザー獲得に向けた新たな試みが垣間見れた。

8/11に更新される予定なので、FF14ユーザーの筆者としては今から楽しみで仕方がない。

今回は、「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」で明らかにされたパッチ5.3の内容の中から、新規ユーザー向けの拡張の内容について少し解説していく。

フリートライアルの大幅な拡張

画像・出典:スクウェア・エニックス公式

ヘビーユーザーや既にFF14を始めているライトユーザーにとってはあまり影響のない内容と言えるが、これからFF14を始める方や、FF14を始めるか否かを迷っている方にとっては、このフリートライアルの拡張は大きな判断材料と言える。

以下からは、これまでのフリートライアルの内容を比較しつつ、今回の拡張の内容について解説していきたい。

従来のフリートライアル

フリートライアルとは、いわばゲームの体験版であり、一定の期間ではあるがFF14の世界を無料で楽しめるといったコンテンツだ。

当然製品版でなく、また月額料金も期間限定で無料であるのだから、いくつかのプレイ制限は設けられているが、それでもFF14の世界観やゲーム性を体験するには十分な内容と言える。

従来のフリートライアルの内容
・レベル 35まで
・ジョブ 10種類
・メインクエスト 新生エオルゼア
・種族制限 あり
・期間 30日間
・コンテンツ制限 あり

従来のフリートライアルの内容はこのようになっている。

チャットの制限、マーケットボードの制限など、細かいコンテンツの制限はさまざまだが、ゲームの動作確認や世界観やゲーム性を肌で体験できることを考えれば、制限はあれど体験版としては十分な内容と言えるだろう。

詳細を知りたい場合はスクエ二の公式を見ればすぐに確認できるので、そちらで確認していただければと思う。

FF14 フリートライアル詳細 スクウェア・エニックス公式

パッチ5.3による拡張内容

ここで気になるのは、フリートライアルの具体的な拡張内容だ。

結論から言うと今回のパッチ5.3によってフリートライアルの拡張内容は以下のようになる。

レベル制限レベル35→レベル60
シナリオ蒼天のイシュガルド(パッチ3.56)まで
ジョブ暗黒騎士、占星術師、機工士、これらのプレイ可
種族アウラ族も選択可

このように拡張される。

FF14は現在パッチ5.2の漆黒のヴィランズまで配信されており、シナリオやコンテンツはパッチ更新によって追加される。

現在のFF14は4部構成で考えることができる

メインシナリオを構成で考えた場合、現在FF14の全シナリオは4部構成でできるといると言える。

・新生編 1部 レベル1~50
・蒼天編 2部 レベル50~60
・紅蓮編 3部 レベル60~70
・漆黒編 4部 レベル70~80

このように4部構成で分けることができ、ここからさらに前・後編とパッチの小数点以下で分けることができる。

さらにメインを含む各クエストはレベル管理されているため、受注をするにはそのレベルに達していないと受注することができないため、従来のフリートライアルでは、新生編(1部)のレベル35までをプレイできると言うことになる。

蒼天編は第2部のようなもの

今回の拡張で蒼天編までのプレイが可能とのことだが、蒼天編(パッチ3.X)は言わば、FF14の第2部のようなものであり、さらにレベル60までのプレイが可能であると言うことは、体験版でありながらかなりのボリュームであると言える。

新生編全てをプレイするだけでもかなりのボリュームであるにも関わらず、蒼天編までをプレイ無料でプレイできるのだから、これはスクエ二からの大判振舞いと言えるだろう。

スターターパックも拡張対応

これからFF14を始める方にとってはこちらの処遇も気になるところだ。

スターターパックとは新生エオルゼア編をプレイすることができる製品版だか、こちらは従来の仕様であれば、「新生エオルゼア編で可能なコンテンツ全て」「レベル上限50」と言うのが主な内容だが、2020年5/22~5/26までの間は無料配布されていた。

期間限定で無料配布されていたのだが、こちらはあくまでも製品版のソフトであるため、基本的には有料で購入する必要がある。

今回のパッチ更新で無料体験であるフリートライアルが拡張され、その内容がスターターパックのボリュームを超えてしまったため、既にスターターパックを購入された方や、これから購入される方にとっては非常に気になるところだ。

先日配信された「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」によると、スターターパックも拡張対応とのことなので、既に購入された方にとってはひとまず損をすることはなさそうなので安心と言える。

だが、内容自体はあまり変わらないため、今後スターターパックを購入する、または既に検討している方は熟考する余地はあるだろう。

狙いは新規ユーザーの拡大

画像:スクリーンショット

今回のパッチ更新は新規ユーザーに対して随分と大判振舞いしたと言えるが、その背景にはPS5への対応やそれに伴う新規ユーザーの拡大への狙いが、個人的に見え隠れする。

FF14は今年発売予定のPS5への対応が既に発表されており、そこに標準を合わせたこその今回のフリートライアルの大幅な拡張とも考えられる。

しかし、新規ユーザー拡大は既存ユーザーにとっても嬉しいことであり、新規ユーザーの拡大は長期的にサービスを運営するためには必要不可欠だ。

新規ユーザーの獲得や拡大はユーザーにとって賛否はあるが、新規のユーザーが増えることで「新規・初心者向けコンテンツ」にも期待が持てる。

そして何よりもゲーム自体が過疎化しないため、長期的にまだまだFF14を楽しむことができるため、これは既存ユーザーにとっても大きなメリットと言えるだろう。

まとめ

今回はFF14パッチ5.3の内容ついて少し解説した。

スクエ二公式サイトのインタビューコーナーによると、パッチ6.X、パッチ7.Xについても言及している箇所があったため、FF14はまだしばらく遊ぶことができると言えるだろう。

今回の新規ユーザー向け拡張によって今後されにユーザーが拡大されることが安易に予想できるので、自分を含め今後もFF14を大いに盛り上げていきたい。

関連記事

関連動画

FF14実況
FF14解説関連

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です