PS5のデザインがついに公開!2パターンのエディションやスペックから今後の展望を分析!

2020年6月12日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、次世代ハードであるプレイステーション5(以下PS5)の新情報を、映像イベントである「PS5 – THE FUTURE OF GAMING SHOW」を開催し発表しました。

ここでは、そこで公開された最新情報を踏まえ、PS5の新情報を踏まえたスペックや、今後の展望について分析していきたいと思います。

 

PS5 2パターンのエディション

出典:プレイステーション5公式

今回の情報公開で特に目立ったのが、スタイリッシュな本体デザインと、新たに発表された2パターンのエディションです。

特に「スタンダードエディション」「デジタルエディション」これら2つのエディションは、PS5だけではなく、ゲーム業界の今後の展望そのものに大きく影響を与えると感じました。

ここではまず、「スタンダードエディション」「デジタルエディション」これら2つのエディションについてまとめていきます。

スタンダードエディション

ディスク版とダウンロード版でPS5を遊べる従来のモデルです。

価格帯は凡そ70,000円前後とされており、かなりの高額商品ですが後にある基本スペックを考えた際は、ある意味仕方のない部分ではあります。

一見「タワータイプ」とも思えるそのデザインから、よりPCゲームに寄せた印象が、その見た目からも伺えます。

デジタルエディション

ダウンロード版のみに対応したエディションです。

ダウンロード版専用のため、パッケージ版のソフトを遊ぶことはできませんが、ディスクドライブが不要であることから、その分本体コストを削減できるため、スタンダードエディションに比べ価格帯が安くなることが予想されています。

各エディションのメリット・デメリット

簡単ではありましたが、「スタンダードエディション」「デジタルエディション」これら2つのエディションには「価格帯」「仕様」これら2つの違いが上記の特徴からもわかります。

以下は、これらの特徴を踏まえた上で、現時点で予想できるメリット・デメリットです。

スタンダードエディションのメリット・デメリット

メリットとしては、従来通りにパッケージ版・ダウンロード版を好みに応じて選べることであり、パッケージ版に至っては中古販売店に売却することができるので、資金を上手くやりくりしながらソフトを遊ぶことができます。

ですが、上記にもあったように本体そのものが高スペックということもあり、最早一般家庭向けのゲーム機とは言えないほど本体が高騰化してしまっているのが、大きなデメリットと言えるでしょう。

デジタルエディションのメリット・デメリット

デジタルエディションの大きなメリットは、おそらくですが、ディスクドライブを省いたことによる本体価格のコスト削減だと言えます。

PS5は以前から本体価格の高騰化が懸念されていたため、今回公表されたデジタルエディションは画期的なアイデアであると言えます。

ですが、ダウンロード専用のため、不要になったソフトの中古店への売却ができないため、ソフトの資金繰りがやりにくく、その点は学生以下の世代にとっては特にデメリットと言えるでしょう。

PS5一番の魅力は超高性能のSSD

「スタンダードエディション」「デジタルエディション」これら2つのエディションには、それぞれメリット・デメリットが予想されますが、とは言えやはりPS5に今回搭載されるSSDは大きな魅力です。

超高性能SSDを採用したことで、これまで必要とされていた「ローディング時間」を大幅に短縮することを可能にしたことで、以前から注目されていました。

それによって、フィールド上のワープ短縮、オープンワールド・フィールド上でのよりスムーズで快適なプレイなど、これまで感じていたプレイでかかるストレスを解消できるとも言われています。

PS4で1GBあたりに必要とされるロード時間20秒に対して、PS5では0.27秒で処理してしまえるということなので、簡単に言えばPS4と比べ最大で約100倍の高速化が可能ということになります。

 

PS5本体情報公開から見る今後の展望

出典:プレイステーション5公式

それでは最後に、今回公開されたPS5の情報を踏まえて、現段階で予想できるポイントをまとめていきます。

PC寄りになることでユーザーが縮小

出典:プレイステーション5公式

現代ゲームにおいて、「オンライン」「マルチプレイ」「サバイバル」これらのワードは流行でもありマストでもあると言えます。

現行機であるPS4も例外ではなく、【APEX】や【フォートナイト】を始め、子どもから大人まで人気のあるソフトの特徴がいわゆる「サバゲージャンル」と言っても過言ではないでしょう。

ですがこれらゲームはある程度のコミュ力を必要とするため、コミュニケーションが苦手で人見知りの方や、ゲーム初心者にとっては敷居が高いとも言えます。

MMOBいわゆるサバゲージャンルのゲームは、PCゲームがベースとなっているため、PS4でも多くの移植作品があり、次世代機であるPS5の高騰化を見ても、PCゲームに寄せていっている傾向があるとも考えることができます。

「家庭用ゲームがPCゲームに近づく」その傾向そのものは家庭用ゲームがよりリアル進化していることなので、喜ばしいことなのですが、素直に喜べない事情もあると言えます。

事前情報と今回公開された情報から見て考えると

・本体が高額すぎる
・主流ジャンルが初心者には敷居が高い
・デジタルエディションはソフトの転売が不可

これらのことがネガティブな面だと言えます。

これらネガティブな面を考えた際、ユーザーが偏ってしまうことが予想され、「大人向けのゲーム機になってしまう」「ゲーマー専用になってしまう」「中古販売がないので子どもにはキツイ」など、PSユーザーそのものが縮小してしまう可能性もあります。

プレイステーションは生き残るには独自路線も

出典:プレイステーション5公式

本体価格の高騰化に関しては、個人的にはかつての【PCエンジン】を思い出させます。

PCエンジンとは、当時ファミコンで一世風靡した任天堂に対抗するべく発売された、NECの家庭用据置ゲーム機です。

ファミコンよりもスペックが高く、また後に後付け機として発売された【PCエンジンスーパーCDROM2】は、現代で主流のディスクソフトの元にもなりました。

現代ゲームに大きな影響を与えたPCエンジンですが、スーパーCDROM2とPCエンジンが一体化した【PCエンジンDio】が当時の価格で50,000円と、かなりの高額商品であったこと、また、ファミコンやその後継機でもあるスーパーファミコンに比べ、キラータイトルが少なかったことなどから、徐々に下火になりました。

次に発売されるPS5が高額商品であることは、個人的に当時のPCエンジンを思い出させます。

ニーズや時代背景から、PS5がPCエンジンにそのまま当てはまるとは言えませんが、上記のユーザー縮小の懸念から、PCエンジンと同じ末路を迎える可能性は少なからずあると思います。

現在、サバゲーブームによって現行機あるPS4は家庭用ゲーム機においてTOPシェアを誇りますが、このままいけば独自タイトルの強い任天堂が、家庭用ゲーム機市場においては独り勝ちする可能性も大いにあります。

「PCゲームの傾向が強い」「本体価格がこれからも高騰化する」となれば、「どうせ本体が高くてPCゲームと同じならPC買った方がいいじゃん」と、思うユーザーも多くなると思います。

PSがPCエンジンと同じ末路を迎えないためには「PSならではの独自路線」をしっかりと確立させることが何よりも大事だと言えるでしょう。

 

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です