【PS4 FF7 リメイク】ファイナルファンタジー7リメイクの体験版を早速プレイしてみた!プレイ感想・レビューを紹介!

2020年3月2日に、スクウェア・エニックスにより【ファイナルファンタジーⅦリメイク】の体験版が配信されました。

ここでは、配信されたばかりのFF7リメイク体験版のプレイ感想やレビューなどを紹介していきます。

 

オープニングから度肝を抜かれた

タイトル画面でも既に魅せられているのですが、オープニングムービーは圧巻でした。

キャラクターの動きやシーンなどはPSで発売されたオリジナル版のFF7を継承しているのですが、グラフィックが天と地との差なので、過去にプレイしたユーザーの方でも、全く別物のイベントムービーとして見れるのではないでしょうか。

こちらは冒頭のシーンのひとつで、エアリスが登場する有名なシーンですが、グラフィックが大幅に変更されたことによってよりドラマティックな展開を期待させるシーンに生まれ変わっています。

エアリスの初登場のシーンが今から待ち遠しいです。

こちらはクラウドが本作で初めて登場するシーンです。

オリジナル版では、この後列車から飛び降りたシーンが初登場のシーン(記憶違いで間違っていたらすみません)ですが、臨場感とグラフィックのスケールの大きさを表現するために追加したのでしょうか。

それにしてもやっぱクラウドはカッコ良いですねえ。

こちらはミッドガルの全景を映したシーンで、このあとタイトルロゴが画面に登場します。

このミッドガルの全景シーンを見ただけでもスクエ二の力の入れ具合がよくわかるほどです。

FF7の最初の方はこのミッドガル内をメインにストーリーが展開し、今回発売される本編はミッドガル編までと言われています。

この画像を見るだけで今作のスケールの大きさが分かります。

FF7リメイクの体験版はプレイ動画も配信しているので、こちらでも詳細を動画で確認できます。

動画を見てみて良かったと思う方がいれば是非チャンネル登録もよろしくお願い致します!

ファイナルファンタジー7リメイク 体験版 プレイ動画

ゲームシステムはアクション性が高くなっている

バトルシステムに関しては、一言で言えば「アクション性が非常に高くなっている」と言えます。

オリジナル版や従来のFFシリーズは、「ターン制バトルにリアルタイム要素を取り入れた」いわゆるATB(アクティブタイムバトルシステム)がFF4以降使われており、当時からもやることは他のRPGに比べ多かったのですが、コマンド入力で1人の行動が終了することは他のRPGと共通していました。

ですが、今回は敵までの距離感や、攻撃のタイミング、避ける・ガードなどをボタン操作で行うことができるため、よりアクション性が高まったと言えます。

因みに本編で必ず登場するであろう「マテリア」の使い方や使い道などをどのようにするのかは、バトルを通じて凄く気になりました。

敵や地形によってキャラを使い分ける

今作ではパーティ内でメインとするキャラの使い分けが可能であり、キャラクターそれぞれを使いこなす必要があります。

例えば、画像にあるように敵が飛行形態なら遠距離攻撃が可能なバレットをメインの操作キャラに切り替えてバトルを行う必要があったりします。

オリジナル版ではわざわざ切り替える必要がなかったため、この点に関しては少々煩わしさを覚えますが、このゲームの展開やバトルシステム上は仕方のないことかなとも思います。

プレイした印象はTPSのアクションRPG

3人称視点での移動、アクション性の高いバトルなどをから、TPSのアクションRPGが今作の第一印象です。

体験版かつ冒頭のオープニングまでのプレイなので、まだ何とも言えない部分は多いですが、「20以上前に大流行したFF7を上手く現代ゲームに作り直した」と言えるのではないでしょうか。

メインのストーリー以外は全くの別物となっているので、本編が発売されてしばらくした頃には、おそらく賛否が大きく分かれると思いますが、個人的には続きがプレイしたくなりました。

 

登場キャラのデザインも変化が凄い

この体験版をやってみて一番感動したのは、登場キャラのデザインが劇的に変化したことです。

メインキャラであるクラウドやバレット、ティファやエアリスなどはともかくとして、ビッグスやウェッジ、プレジデントやハイデッカーまでちょっとカッコ良くなっています。

オリジナルのポリゴンをプレイしていた筆者からするとちょっと笑ってしまったほどです。

PVでバレットを見た時なんて「お前だれやねん!」って思ってしまいました。

ジェシー

アパランチの3人トリオの内の1人で初めて登場した女性キャラです。

オリジナル版では存在感があまりなかったですが、美人キャラとして再登場したことで、その時点で結構なインパクトです。

 

ビッグス

アパランチの3人トリオの内の1人で、同名のキャラがFF6にも登場していたことから、少し話題になった知る人ぞ知る名物キャラです。

耳にピアスなんてして随分と男前なキャラになっています。

 

ウェッジ

アパランチの3人トリオの内の1人で「優しさを具現化した」ようなキャラデザインがされています。

このキャラもビッグスと同様に同名のキャラがFF6にも登場していたことから、少し話題になった知る人ぞ知る名物キャラです。

 

ハイデッカー

いわゆる敵キャラの一人で、今作では無骨な武人のようにデザインされていますが、オリジナル版ではもう少し下品な印象でした。

 

プレジデント

敵組織の親玉キャラで、バレットの最大の敵でもあります。

今作ではマフィアのボス感や、どこかの一流企業の社長、有名な資産家のようにデザインされていますが、オリジナル版ではもっとずんぐりむっくりでした。

 

FF7 リメイク 体験版 まとめ

FF7リメイクの体験版をプレイした感想をまとめると

  • グラフィックが凄まじい
  • バトルにアクション性が加わったことやれることが大幅に増えた
  • フィールドやキャラクターのデザインが一新されているので別物のゲームとして楽しめる
  • 今後の展開が物凄く気になる

最新のPVが出たので体験版では登場しなかったキャラや、クラウドの女装などの詳細などが一部わかりましたが、それでもまだまだ今作の出来や今後の評価は未知数と言えます。

ゲームシステムが大幅に変更されたことで、ゲームそのものの評価は賛否がありそうです。

ストーリーは非常によくできた内容になっているので、個人的にはすごく楽しみな作品のひとつであることには変わりなく、発売日の4月10日が待ち遠しくて仕方がありません。

FF7リメイクの詳細はLet’s Tryちゃんねる!のゲーム動画でも確認ができます。動画を見てみて「面白い」「今後も情報を動画で知りたい」など思われた方は、是非チャンネル登録の方をよろしくお願い致します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です