【ウッドデッキ おすすめ 選び方】趣味の幅も広がる!ガーデニングにおすすめのウッドデッキの選び方やおすすめを紹介!

ウッドデッキは設置をすることで、ガーデニングをしやすくなりますが、それだけではなくお庭のインテリアにもなったり、リビングとつなげることによってご家庭でもアウトドアを気軽に楽しめたりなど、メリットや効果はさまざまです。

ここでは、ウッドデッキの選び方や使い方、おすすめなどを紹介していくので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

  

ウッドデッキとは?

画像・出典:rakuten.co.jp

ウッドデッキとはリビングやお庭の縁側などを拡張できうるシステムで、お庭にリラックス空間を作り出すことができます。

概要

ウッドデッキには主に、天然木材、混合木材、樹脂などが素材として使われ、特徴は素材によってそれぞれ異なります。

縁側を拡張することを目的としたシステムですが、基本的には室内のリビングと一体化させて、アウトドアリビングを楽しむためのシステムとして使われています。

リビングとベランダ・お庭を一体化できるため、開放感だけではなく、リビングからお庭・ベランダまで導線ができるため、お庭を使ったホームパーティやBBQなどにも便利です。

 

ウッドデッキのメリット

ウッドデッキは導入することで上記以外にもさまざまなメリットがあります。

フリースペースが拡張できる

お庭を使った趣味や子供が遊べるスペースなど、自由に使えるスペースが拡張します。室内を延長させたスペースでもあるので、例えば庭でそのまま子供を遊ばせるよりも安全性も高く、常にお子供が目の届く位置にいることも大きなメリットです。

また、子供の遊ぶスペースだけではなく、例えば模型作りが趣味で塗装が必要な場合は、室内ではなくウッドデッキスペースで塗装作業も行えますし、その他外で行う作業が必要な場合でも対応できます。

くつろぎ空間を確保できる

リビングの延長なので、チェアなどを置いておけば、普段使うくつろぎ空間としても使えます。

過ごしやすい気候の時期などは、ウッドデッキの上で読書や音楽なども楽しめ、タブレットなどを持ち込めば、動画や映画鑑賞なども楽しめます。

 

ウッドデッキのデメリット

ウッドデッキは導入することでいくつかのメリットがありますが、その反面デメリットもあります。ウッドデッキを導入する際は、メリットだけではなくデメリットもしっかりと理解した上での導入が大事です。

メンテナンスが大変

ウッドデッキは基本屋外に設置するので、雨や風などにさらされることも当然ながら多くなります。

それは仕方のないことなのですが、雨や風などにさらされ何もせずに放置してしまうと、使用している素材によっては塗装がはがれたり、木材が朽ちてしまうため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

設置が大変

ウッドデッキはリビングやお庭・ベランダの形状に合わせてレイアウトを、リビングやお庭・ベランダの高さに合わせて高さをそれぞれ設定する必要があるので、設置が少々大変だと言えます。

手慣れた方であれば、設定から設置までスムーズに行うことはできますが、初心者の方の場合はそう簡単な作業とは言えません。

一からレイアウトをとってウッドデッキを設置するのは困難ですが、ウッドデッキはキットセットで販売もされているので、初心者の方はキットセットからウッドデッキの設置を初めてみましょう。

  

ウッドデッキの選び方

素材で選ぶ

ウッドデッキは素材選びが肝であり最も重要と言えます。素材それぞれの特徴を把握して、自分が使いやすいと思う素材のウッドデッキを選びましょう。

天然木材

木のぬくもりや香りを堪能でき、使えば使うほど味わい深さが出るのが特徴です。

天然木材は高級感があり木そのものの味わい深さを堪能できますが、雨や風にさらされ続けると劣化してしまうので、防虫・防腐加工を施したり、日々のお手入れをまめに行う必要があるなど、手間がかかってしまうのがデメリットとしてあります。

人工木材

木目調の樹脂素材を使ったタイプで、お手入れが楽に行えるのが特徴でありメリットでもあります。

ですが、天然木材に比べ冷たい印象になってしまったり、ナチュラル感は天然木材に劣るなどのデメリットもあります。

 

初心者はキットセットがおすすめ

画像・出典:rakuten.co.jp

ウッドデッキはキットセットで販売されているのもあるので、初心者の方は組み立てがしやすいキットセットがおすすめです。以下はキットセット選ぶ際のポイントです。

素材選び

基本的に上記の天然木材と人工木材と同じ要領で選べば問題ありません。

組み立て方式の確認

キットセットの組み立て方式には、「組み上げタイプ」と「はめ込みタイプ」の2つのパターンがあります。

初心者の方や女性の型の場合は、はめ込みタイプがおすすめで、こちらは骨組みを作ればあとは各パーツをはめ込むだけです。

付属品の確認

フェンスや、昇り降りがしやすいステップなど、自分が使いやすいと思うものや、便利だと思うものが付属されているかを確認しましょう。

 

ウッドデッキキットのおすすめ

ここからは、初心者や女性の方でも組み立てが簡単な、ウッドデッキキットセットのおすすめ紹介していきます。

YKKAP リウッドデッキ200 Sタイプ 高さ550 1間×3尺 

  • 価格帯 44,400円~
  • 素材 人工木材

長方形タイプの人工木材ウッドデッキキットです。長方形のフラットなタイプなので、リビングやお庭のレイアウトにも合わせやすいです。

 

極太 ウッドデッキ キット 天然木 6点セット 0.75坪 YWD-270 ブラウン キット ステップ フェンス 縁台 ガーデンデッキ ガーデニング 庭先 山善 YAMAZEN

  • 価格帯 26,999円~
  • 素材 天然木材

天然木材を使用したウッドデッキセットで、安全面を考慮したフェンスやステップが付属されています。安定性の高い極太設計、リーズナブルな価格帯など、初心者の方にもおすすめです。

  

ウッドデッキ キット 7点x3セット 天然木 シダー製 2.25坪

  • 価格帯 60,683円~
  • 素材 天然木材

2.25坪のゆったりとした空間を楽しめる天然木材のウッドデッキキットです。天然木材ならではの味わい深い木材の雰囲気でナチュラルな癒し空間を確保できます。

 

ウッドデッキ まとめ

ウッドデッキは導入することでさまざまなメリットが期待でき、趣味の幅も広がります。ガーデニングやホームパーティなど、さまざまな用途で使用できるウッドキッドをぜひチェックしてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です