ウォーターサーバーは暮らしに役立つの?導入メリット・デメリットや効果を検証!

ここではウォーターサーバーを導入するメリット・デメリットなどについて検証していきます。

ウォーターサーバーの基本情報

ウォーターサーバーという言葉は皆さんご存じだとは思いますが、機能や内容、種類など、ウォーターサーバーの具体的なことを知ってこそ、メリットやデメリットを理解しやすくなります。

ウォーターサーバーは大きく分けて2種類

ウォーターサーバーは大きく分けて2つのタイプに分類できます。

各タイプそれぞれ特徴が異なるので、まずは2つのタイプそれぞれの特徴を知っておきましょう。

ボトルタイプ

専用の容器(ボトル)を専用の機器にセットするタイプです。

ボトル内に天然水やRO水(純水)などを入れることで、いつでも好きな時に水を使えます。

日本では、機器であるサーバーを購入またはレンタルし、6~12Lサイズの水入りボトルを宅配してもらうシステムが一般的です。

水道水ろ過タイプ

水道栓とサーバーを直結させサーバー内で浄水させるタイプです。

ボトルタイプのような水切れや注文の煩わしさを省くことができるのがメリットで、また、比較的水を多く使用するご家庭にもおすすめのタイプと言えます。

ボトルを使用しないため、在庫管理や保管スペースも必要なく、また、ゴミの廃棄も不要なため環境に対してのエコ効果も注目されています。

温水・冷水をつくる仕組み

ウォーターサーバーはただ単に水を排出するだけではなく、サーバー内で温水・冷水をつくることができるため、用途に合わせて快適に使用することもできます。

温水の仕組みはポットと同じ

ウォーターサーバーで温水をつくる仕組みは、一般的に電気ポット同じ仕組みが採用されています。

温水タンクのヒーターに電気を通すことでサーバー内の水を温め、それによっていつでも温水を利用できます。

冷水の仕組みは2種類

冷水をつくる仕組みは主に2種類あり、電子式とコンプレッサー式がそれに当たります。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ここからは上記の解説を踏まえ、ウォーターサーバーのメリット・デメリットについて考えていきます。

ウォーターサーバーのメリット

  • 冷水や温水がいつでもすぐに使える
  • 重たい水を購入し運ぶ手間が不要
  • 安心感をもって水を使える

冷水や温水がいつでも好きなタイミングで使えるため、実用性の高い水の使い方ができるのが大きなメリットと言えます。

飲み水としてはもちろん、コーヒーや料理、赤ちゃんのミルクなど、実用性に加え安心感も保てる点が大きな魅力であると言えるでしょう。

ウォーターサーバーのデメリット

  • スペースの確保が必要
  • メンテナンスの手間
  • 費用が掛かる

サーバーのレンタル費用、水道料金、宅配費用など、ペットボトルの水や浄水器よりも多少割高になってしまうのが、ウォーターサーバーのデメリットと言えます。

財布のことだけを考えれば費用が掛かる点はデメリットですが、これは考え方次第なところもあり、「水を運ぶ手間」「水への安心感」「実用性の高さ」などに、注目すれば必要経費と考えることもできます。

ウォーターサーバーを選ぶ際の注意点は?

ここからは、ウォーターサーバーを設置する際の選び方や注意点について見ていきましょう。

サーバーの置き場所

ウォーターサーバーは浄水器のようなサイズの小さい機器ではないため、設置するためにはそれようにスペースの確保が必要になります。

ボトルタイプであればボトルのストックスペースも必要ですし、水道水ろ過タイプであれば水回りでの設置が必要です。

ですが最近では卓上タイプモデルも登場しているので、スペースが気になる方や確保が難しい場合は、スリムなタイプも選択肢に入れておきましょう。

使いやすさの確認

例えば「ボトルの交換がしやすい」「メンテナンスがしやすい」「機能がわかりやすい」など、そのサーバーが使いやすいかどうかも、大きなチェックポイントです。

ウォーターサーバーはできるだけ長く使いたいので、そのサーバーの使いやすさは長期的にサーバーを使う上で必須と言えます。

設置場所や用途などを事前に確認し、ライフスタイル合ったウォーターサーバーを選びましょう。

その他のチェックポイント

  • 使用する水の種類
  • サーバーのデザイン
  • チャイルドロックなどの安全機能
  • 費用効果

これらのポイントは家族構成や使用用途などに応じて個人差があります。

上記でもありましたが、ご自身が使用する用途やライフスタイルに応じて、それに適したウォーターサーバー選びを心がけましょう。

ウォーターサーバーのおすすめ5社

ここからは、これまでの情報を踏まえ、ウォーターサーバーの取り扱いのある企業をいくつか紹介します。

Aqua Bank(アクアバンク)

水素水をサービスの主にしたウォーターサーバー社で、「心身共に正常でストレスフリーな生活を送れる社会の実現」をコンセプトに、お風呂用や水素吸引など幅広いサービスや機器を展開しています。

ウォーターサーバーでは水道水をミネラル水素水に「AB-3」シリーズなどが代表的です。

オーケンウォーター

「選べるこだわり天然水」をキャッチにしたウォーターサーバー社で、「美しさと品質へのこだわり」を武器に、幅広い天然水サービスを展開しています。

「ゲルマニウム天然水」「バナジウム天然水」「いにしえの天然水」これらを軸にした各名水をご家庭で気軽に使用できます。

家庭用水素水サーバー 株式会社ガウラ

美容・健康などをベースに、美容機器やフィットネス、サプリやウォーターサーバーなど幅広く展開しています。

フィットネスクラブでも多く利用されている水道直結タイプのサーバーが代表的ですが、ご家庭で使用することを考えられた、自動洗浄機能、漏水防止機能、空焚き防止機能、熱湯やけど防止などのさまざまな機能が魅力です。

プレミアムウォーター

顧客満足度、シェア業界No.1を謳ったメーカーです。

サーバーのアイテム数、選べる天然水の数、プラン、アフターケアなども安心で、初めてウォーターサーバーをご利用される方も安心です。

基本的なスタンダートタイプや、インテリアにこだわったデザイン性の高いサーバーまで、用途やスタイルに応じて幅広く選べます。

コスモウォーター

実用性、安心・衛生面、安心サポートにこだわった、業界老舗メーカーです。

使いやすいサーバーも取り扱っているため、こちらのメーカーも初めての方から経験者まで幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

シェアと満足度も業界内では共に高いので、安心して利用することができると言えるでしょう。

ウォーターサーバー まとめ

ウォーターサーバーはスタイルや用途に応じて安全且つ安心して実用的に使用することができます。

費用や、設置スペースなど、注意点はいくつかありますが、その分メリットも多くあるので、導入する際は事前に家庭状況や環境、ライフスタイルや費用などを確認し、それに合ったウォーターサーバーを選びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です