コロナ過で注目されている【Uber Eats】とは?問題点は?基本情報や報酬の仕組みなどを徹底解説!

コロナ過の外出自粛モードで現在注目されている業種が【Uber Eats(ウーバーイーツ)】ですが、「どうして注目されているの?」「給料は良いの?」「使い方は?」など気になる点がたくさんあると思います。

ここでは、【Uber Eats】の基本情報や報酬の仕組みなど、気になる点を解説していきます。

Uber Eatsとは?

現在多くのメディアでも取り上げられているように、【Uber Eats(ウーバーイーツ)】とは飲食店の料理を自宅や勤め先に届けてくれる「デリバリーサービス」を主にした企業です。

提携している飲食店の料理であれば何でも届けてくれるので、和洋中問わずさまざまな本格料理を自宅で気軽に楽しむことができます。

Uber Eatsで料理を宅配するいわゆる配達員である「配達パートナー」は、会社と従業員といった一般的な関係性ではなく、会社と個人事業主の関係として配達1件に対しての報酬としてUber Eatsから収入を得ます。

  • 個人事業主として仕事を受ける
  • 報酬は配達1件に対しての単価で計算

この2点がUber Eatsで仕事を受ける際の大きなポイントと言えるでしょう。

Uber Eatsの報酬の仕組み

Uber Eatsでの報酬は上記でもあったように「配達1件に対しての単価」を計算して配達パートナーに支払われます。

つまり配達パートナーの収入はどれくらいの件数を配達したかによって大きく変動します。

ですが、エリアや時期、天候や時間帯によっても単価は変動するので、さまざまな要素を理解することも高収入を得るポイントと言えるでしょう。

報酬の基本は「基本料金+インセンティブ-サービス手数料」

Uber Eatsでの報酬は、「基本料金+インセンティブ-サービス手数料」この3つの要素で構成されており、基本料金は報酬のベースとなります。

基本料金

配達パートナーの報酬のベースとなる重要な要素です。

基本料金は「受取料金+受渡料金+距離料金」で1件当たりの報酬単価が計算されます。

受取料金飲食店から料理を受け取った際に発生する料金。
受渡料金注文者に料理を渡した際に発生する料金。
距離料金配達距離に応じて発生する料金。1㎞単位で料金が変動。

受取料金が250円、受渡料金が105円、距離料金が60円の場合は、「250+105+60=415円」が1件当たりの基本料金になります。

インセンティブ

インセンティブとはさまざまな要素によって追加される追加報酬のようなものであり、時期やエリア、時間帯などによって基本料金に追加されます。

Uber Eatsでのインセンティブは主に、ブースト、クエストと呼ばれるものが代表的で、これらインセンティブをうまく活用することも高額報酬を得るポイントと言えるでしょう。

ブースト注文の多い時間やエリアなどにおいて、基本料金に掛け算される数値。
クエスト指定された条件をクリアすることで追加されるインセンティブのことで、例えば「〇曜日の◇時~▽時の間に10件配達すれば追加で1000円」などが、クエストのインセンティブとなります。

サービス手数料

サービス手数料とは配達報酬から差し引きされる金額のことです。

サービス手数料は基本料金に対しての10%の金額で、例えば基本料金が500円の場合はその10%の50円がサービス手数料になります。

Uber Eatsって稼げるの?

上記で解説したようにUber Eatsの報酬はさまざまな要素によって成り立っています。

仕組み自体はあまり複雑ではありませんが、「稼げるかどうか」は何より気になるところです。

ここからは、上記の情報を踏まえて「Uber Eatsは稼げるのか?」を検証していきたいと思います。

エリアごとに異なる基本料金

報酬のベースとなるのが上記でも紹介した基本料金なのですが、基本料金はエリアによって単価が異なります。

出典:Uber Eats 配達パートナーガイド Uber Eatsの配達パートナーになる

このようにエリア、地域によって単価異なり、自分が配達するエリア・地域の単価をしっかりと理解することが何よりも大事です。

一番単価の高い東京都の場合、「265円+125円+60円=450円」が1件当たりの基本料金ですが、これが大阪府になると「215円+105円+60円=380円」が基本料金となります。

東京都と大阪府の1件当たりの配達料の差額が70円で、これを1時間3件配達したとすれば、時給換算で210円もの差額になり、さらに1日で計算するとこの差額は大きいと言えます。

時給や日給換算での目標とエリアの特徴

何を仕事をするにも、まずは目標を立てることが大事です。

例えば、そのお住いの地域の平均賃金が900円だった場合、Uber Eatsで1時間3件の配達を行えば1000円前後になるので、これを目安にして目標を立てたりなど、細かいようではありますが、目標設定をしっかりと立てることが、高額報酬につながる基礎になるといえるでしょう。

金額設定の加え、エリアの特徴をつかむことも大事で、たとえ単価の高いエリアであっても働く時間帯に配達依頼が少なければうまく稼ぐことができません。

例えば、一般家庭の多い住宅街であれば夕飯時の注文が多くなると考えることができますし、逆に企業や会社の多いエリアであればお昼時に注文が多くなるケースが考えられます。

立場やスタイルによって動きやすい時間帯は個人差があるため、自分のスタイルをしっかりと分析し、稼ぎやすいエリアや時間帯を狙いましょう。

Uber Eatsの問題点

Uber Eatsは何かと話題になる分、問題点も度々指摘されています。

ここからは、Uber Eatsで指摘されている問題点をまとめていきます。

  • 危険運転
  • 責任の処遇

Uber Eatsで度々指摘される問題点については、これらに関することが特に目立っているように思えます。

危険運転

まず、危険運転に関しての問題点ですが、Uber Eatsでの配達は基本「自転車」「原付バイク」このどちらかの方法で配達を行います。

その方法であっても、時には急ぎの配達依頼が来たり、また、報酬が1件当たりの単価によって決まるため、数をこなすほど報酬が高くなります。

「数を多くこなしたい」「急ぎである」などの要因と、配達手段が「自転車」「原付バイク」であることが、危険運転につながる要因のひとつと言えます。

いくら報酬を多く得たいとは言え、危険運転で事故を起こしてしまえば本末転倒なので、配達パートナーは余裕のある仕事の受注を行うことが大事です。

次に責任の処遇ですが、上記のような危険運転による事故や、配達中の料理の紛失・破損などを起こした場合の責任は、Uber Eatsと配達パートナー、どちらが責任を負う必要があるのでしょう。

責任の処遇

Uber Eatsで仕事を行う際、一般的なパートやアルバイトとは異なり、企業と個人の間で労働者契約を交わすわけではありません。

Uber Eatsで仕事を行う場合、あくまでも個人事業主として仕事を請け負うため、仕事に対しての責任の比重は一般的なパートやアルバイトよりも大きいと考えられます。

つまり、配達パートナーは「労働者」ではなく「自営業者」ということになるため、基本的には労働法上の保護を受けることができません。

ですが、自営業者であるが上でのメリットも多くあるため、配達パートナーとして働く際は、「自分は個人事業主である」ということを意識して働くことが大事で、そうすることでリスクマネージメントにもつながります。

注目されたことにより規模が大きくなり、それによって配達パートナーも増えたこともあってか、Uber Eatsも傷害補償制度を新たに用意しましたが、それでも「自分は個人事業主である」ということをしっかりと意識することが大事だといえるでしょう。

Uber Eatsのメリット・デメリット

それでは最後に、ここまでの情報を踏まえて、Uber Eats配達パートナーのメリット・デメリットをまとめていきます。

メリット

  • 隙間時間に働ける
  • やり方しだいで高収入が可能
  • 経営の勉強にもなる

これらのことがメリットとして考えられます。

時間による報酬ではなく件数によっての報酬なので「隙間時間に働ける」ことが、注目され始めた大きな理由のひとつで、現に学生さんや主婦の方にも人気があります。

また、上記の解説でもありましたが、やりようによってそのエリアの平均時給を大きく上回るため、うまくやれば高収入も可能です。

また、個人事業主として働くため、かかる費用は経費として扱われ、稼いだ金額の税金など、配達以外のことも必要となりますが、これはこれで考えようによっては経営の勉強にもなると言えます。

デメリット

  • 問題点がある
  • エリアでの格差がある

問題点とは上記で解説したことです。

地域による企業数や学生の数、世代など、エリアでの格差はある意味仕方のないことではありますが、これはエリアの特徴をしっかりと踏まえた上で仕事を行えば、いくらかは解消することが可能です。

そうであったとしても、全てを解消できるわけではないので、「エリア格差」はやはりデメリットと言えるでしょう。

その他にも、天候によって配達スピードが左右される、自転車の場合は体力勝負など、細かい点も多々ありますが、これは配達業務を行う上では仕方のないことなので、これらのデメリットをしっかりと踏まえた上で、配達パートナーを行うようにしましょう。

まとめ

ここまで、【Uber Eats(ウーバーイーツ)】に関するさまざまな情報をまとめていきました。

やりようによっては稼げる仕事ではありますが、その分デメリットも存在するため、配達パートナーを行う際は、上記でもあったメリット・デメリット、報酬の仕組みなどをしっかりと理解してから仕事を行うことが何よりも大事です。

コロナ過の影響もあってか、Uber Eats(ウーバーイーツ)を含む副業は注目されており、良くも悪くも社会全体の働き方そのものに今後も影響すると予想されるので、Uber Eatsを含めた副業と言うジャンルに今後も注目です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です