Google Adsから届いた【Important updates about GDPR compliance】のメールについて!Let’Tryニュース#03

2020年8/4早朝にGoogle Adsから1通のメールが届いた。

全文英語だったので内容そのものはその時見ただけでは理解できなかったが、気になったので翻訳アプリを使い解読を試みてみました。

Google Adsを使っているユーザーは多く、Google Adsの規約等は不定期で更新されることも多いため、ここでは翻訳した内容をそのまま紹介していきます。

8/4早朝に届いたGoogle Adsからメール全文

以下は8/4の早朝4:00頃に届いたメールの内容をそのまま貼り付けたものです。

Dear Partner,

As a result of the recent Court of Justice of the European Union ruling on data transfers, invalidating the Privacy Shield, Google will be moving to Standard Contractual Clauses (SCCs) for transfers of online advertising and measurement personal data out of the Europe Economic Area, Switzerland and the UK.
We will therefore be updating our existing Google Ads Data Processing TermsGoogle Ads Controller-Controller Data Protection Terms and Google Measurement Controller-Controller Data Protection Terms to add the relevant SCCs as adopted by the European Commission.
We are making these updates solely to address GDPR compliance. The updates do not give Google additional rights over data. If the Google Ads Data Processing Terms or Google Ads Controller-Controller Data Protection Terms are already part of your contract (or if you have separately accepted the Google Measurement Controller-Controller Data Protection Terms where available), the updates will apply from August 12, 2020.
For more information, please see this article that we will continue to update or (if applicable) speak to your Google representative.
Thanks,
The Google Team

黒の部分は普通の英文で、青の部分はその分の概要に関するリンクになっています。

Googleの翻訳機能で訳した結果

上記の英文をグーグルの翻訳機能で訳した結果、次のような文章が表示されました。

愛するパートナー、

最近の欧州連合司法裁判所がデータ転送を決定してプライバシーシールドを無効化した結果、Googleはオンライン広告および測定個人データを欧州経済領域外に転送するための標準契約条項(SCC)に移行します。スイスとイギリス。

そのため、既存のGoogle広告データ処理規約、Google広告コントローラ-コントローラデータ保護規約、Google Measurement Controller-コントローラデータ保護規約を更新し、欧州委員会が採用した関連SCCを追加します。

これらの更新は、GDPRへの準拠のみを目的としています。この更新では、データに対するGoogleの追加の権利は付与されません。 Google広告データ処理規約またはGoogle広告コントローラ-コントローラデータ保護規約がすでに契約に含まれている場合(または、利用可能な場合はGoogle Measurement Controller-コントローラデータ保護規約に別途同意した場合)、更新は8月12日から適用されます2020。

詳細については、この記事を参照してください。引き続き更新されるか、(該当する場合)Googleの担当者にご連絡ください。

おかげで、
Googleチーム

一部文脈がおかしい箇所はありますが、翻訳機能を使って翻訳したところこのような文章が表示されました。

規約や情報に関すること

翻訳した文章で気になる箇所は、「既存のGoogle広告データ処理規約」「Google広告コントローラ-コントローラデータ保護規約」の2点です。

これら2点の規約は情報を取り扱う上でのルールとも考えられ、今回のメールはこれらルールに関する内容だと思われます。

難しい内容なので翻訳してみても意味はサッパリです。

これはあくまでも個人的な解釈ですが、おそらく運営側の会議などで決定した事項を各ユーザーに開示するために、今回メールとして各ユーザー送ったのではないかと推測しています。

これら2点についてググってはみましたが、分かりやすい解説はなく、さらにグーグルでの解説もかなり突っ込んだ内容の文章だったので、当分の間は様子見しようと思います。

まとめ

今回はグーグルから届いたメールについて紹介しました。

いきなり全文英文のメールが届いたら不安になるのも当たり前で、だからこそ今回翻訳してみたわけですが、いざ翻訳してみてもわからないことだらけです。

ここで紹介した内容は、筆者個人の解釈が入っているので、さらに詳しく知りたい場合は届いたメールのリンク先を見てみてください。

確認したところ「Google広告データ処理規約」に関することでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です