【アナザーエデン】封域でどのくらい経験値稼げる?H/VHを検証してみた!

アナザーエデンの経験値稼ぎといえば、アナザーダンジョンの「封域」が有名ですが、実際にはどのくらいの経験値を具体的に稼げるのでしょう。

気になったので検証して調べてみましたので、気になる方や、初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

封域の解放条件は?

メインストーリー第10章をクリア後に「次元の狭間」というエリアが開放でき、それと同時にアナザーダンジョンを開放することができます。

アナザーダンジョンとは、メインで訪れたれダンジョンの上位版のようなもので、ここでは普段では取れないような素材や、クラスチェンジに必要な記憶書、バッチ装備などを入手することができます。

封域とはアナザーダンジョンの一種であり、レベリングに特化した特殊なアナダンということになります。

封域には2種類のダンジョンが存在し、経験値を稼げる方が「玉響なる刻の間」、資金(Git)を稼げる方が「泡沫なる刻の狭間」となっています。

経験値を稼げる方が「玉響なる刻の間」となっていますので、ここは間違わないようにしましょう!

封域 玉響なる刻の間の解放条件
ハード メイン10章クリアで開放 推奨LV25  

ベリーハード 第1部クリアで開放 推奨LV60

敵の構成は全てFEAR

大きな特徴としては、封域内の敵はボスとFEAR(フィールドを動き回る強敵)で構成されており、エンカウントによるバトル発生がないことです。

FEARといっても弱点の多い仕様となっているので、あまり難しくないのも特徴です。

また、封域内のFEARは2種類あり、じっと止まっているFEARと動き回っているFEARがいます。

感覚的には、「じっと止まっているFEAR=エンカウントで発生する敵」「動き回るFEAR=いつものFEAR」この感覚でいいと思います。

因みに敵の構成は、動いているFEARで1体、止まっているFEARで3体~4体の構成でそれぞれ出現します。

稼げる経験値は?

封域においての経験値量は以下のようになっています。

ハード
敵が3体時 60420
敵が4体時 80560
FEAR 111840
ボス 96120
ベリーハード
敵が3体時 114408
敵が4体時 152544
FEAR 177408
ボス 152280
バトル回数の内訳
通常FEAR×10
動くFEAR×2
ボス×1
計13回

経験値とバトルの内訳はこのようになっており、経験値とバトル回数を掛けた数が、封域1回の攻略で得られる経験値ということになります。

これらのデータをもとに算出した経験値の予測量は以下のようになります。

ハード
通常FEAR 60420~80560×10=604200以上

動くFEAR 111840×2=223680

ボス 96120

合計 924000以上
ベリーハード
通常FEAR 114408~152544×10=1144080以上

動くFEAR 177408×2=354816

ボス 152280

合計 1651176以上

これらの経験値を1回の攻略で稼げるということになります。

通常FEARは3体~4体出現するため、経験値の量が変動することもありますが、基本的には3体出現となり、4体は1回の攻略で多くて3回ほどの出現となるとめ、上記の数字を基本的な目安にしておけばOKです!

因みに、レベル1・経験値0・装備なしのキャラで検証してみたところ・・・

ハードではレベルが1~31まで上昇し、ベリーハードでは1~37まで上昇しました。

ハードでの検証結果
ベリーハードでの検証結果

途中リタイアでも成果を得られる

封域のもうひとつの大きな特徴に、途中でリタイアしても成果を得られるとう点があります。

例えば、3回バトルをこなして、4戦目のFEARで全滅してリタイアしても、これまでに得た3回分の経験値は持って帰れるとうことです。

なので、序盤の内でもハードであればチャレンジしやすいので、初心者の方のレベリングに十分に活用できます!

まとめ

今回はアナザーエデンの封域やレベリングについての解説をしました。

アナダンは高難度コンテンツということもあり、新規さんや初心者さんのうちは嫌遠しがちですが、中には封域のような便利なものもあります。

また封域の場合は攻略に失敗しても、それまでの成果は得ることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

関連記事

【アナザーエデン】序盤・初心者さん向け!おすすめのアナダン周回は?

【アナザーエデン】序盤はこうやる!レベ上げや装備更新!序盤の進め方!

関連動画

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です